2003年11月2日~3日 登山学校 目丸山 京丈山 山中一泊



11月2日
9時の天気情報をAコースの全員で聞き取り天気図を書くことから
今回の登山学校が始まリました。。初めての事でなかなか地点が解
らず中途半端ではありましたが少し要領が解っただけでも良かった
と思います。
9時50分目丸山へと出発、杉林をぬけると紅葉が美しい。落ち葉も
美しい。重藤会長を先頭に先生、生徒が一列に登っていった。
11時30分目丸山到着、見晴らしが雨の為悪く目丸山と書いた標識が
やけに立派であったことが思い出されます。その後解りにくい尾根をす
すみます。
12時50分京丈山への尾根沿いに1.5Km歩いたあたりから突然林
道があらわれました。(地図にない林道)歩いて1km位い
くと地図にある林道になり、200mほどいくと右手が茂見山登山口、
左が京丈山登山口と書いてありました。今日は茂見山のピストンをしま
した。茂見山山頂は狭く、倒木に登り見渡すと京丈山、目丸山が見えま
した。登山口に降りると探索隊が水がありビバーグ可能の場所を捜して
ありました。そこは7分ほど戻る場所でした。ここが今日のビバーグ地
「京丈観光ホテル」と誰かが言って笑いました。
講師に皆さんに指導されながらターフの片屋根ツエルトの壁、銀マット
の床ができました。今度は早速夕食の準備、今日のメニューは寄せ鍋です。
お酒も少しはいりいい気分。その後重藤会長がたきびをおこしてあり、
その焚火の火がとても美しかったです。火を囲み山の歌を歌い、楽しい
ひと時をもちました。
7時30分に就寝の準備をして8時にはやすみました。夜中の12時50
分ばたばたと顔におちる雨で目がさめました。そのあと2度ほど同じよう
に起きました。あとはぐっすり眠る事が出来ました。


2003
11月3日
5時起床、隣の山崎講師はターフの継ぎ目から雨がおちシートをかぶって
やすんでありました。本当に悪い場所で休まれてあり、申し訳ありません
でした。
夜中にどなたかターフを見回ってあったと聞きました。講師の皆様に支え
られての登山学校本当に感謝しました。7時出発、先頭を私達の班がいき班
のなかでも先頭を言われたので全員を引っ張る役になりました。落ち葉が沢
山あり人にふみ後がわかりずらい山道です。
間違って先頭を変わることになりましたがまたチャンスがまわってきて
先頭をいきました。真剣にルートを探しときおり有馬さんに助けてもらい
とっても勉強になりました。
8時になったので先頭をかわりました。皆で先頭を交代するのです。途中
岩場があり雨にぬれた岩場ははじめての経験でした。登りはいいけど帰り
は不安がよぎりました。9時30分京丈山になぜか先頭で到着。30分
ほど休憩して柏川登山口をめざしす事になり岩場は通らずに済むので安心
しました。
柏川登山口より昨日のビバーグ地を通り目丸山に着いたのが13時27分
でした。14時20分登山口に到着。今回の登山学校であまり人が通らない
登山道の見方や、ビバーグ地の選択方法、もしもの為の装備、長距離歩きは
ゆっくり歩くこと、そしてその歩き方など勉強しました。次回の勉強が楽し
みです。そして皆さんに会える事が楽しみです
[PR]
by emiko0708 | 2003-11-03 23:01 | Comments(0)
<< 2004年11月23日 鷲ガ峰 2003年8月13日~16日 ... >>