人気ブログランキング |

2017年5月8日 田中吉政の作った「田中道」を行く

 今日は、筑後国主田中吉政が作られた「田中道」を郷土歴史家の
金子俊彦様と久保田毅様に案内していただきました。
山仲間の紀美ちゃんと友人の喜代江ちゃんも勉強に参加です。

1602年に柳川城下から久留米城下までの道が作られ、その両側
に溝をもうけていました。道は防衛上軍事道路としての機能を備え
ていました。これを「田中道」と言います。

 当時周りには人家はなく旅客の不便もあったため、近くの農村から
人を集め、町立て 市立てを進めました。道沿いの村や町には税金
の免除が行われました。

吉政公の没後 小甲呂町や津福町の住民は座を作って吉政公を
偲び「御免除祭り」を催しました。今でも吉政公を祀った小さな祠が
   大木町横溝に「兵部社」
   大木町土甲呂に「吉政社」
   久留米市津福に「広建社」などがあります。

田中道には、吉政公没後にも、一里塚や札の辻などがつくられました。
一日かけて、田中道を周り、吉政公の偉業を偲びました。
by emiko0708 | 2017-05-09 23:21 | Comments(0)
<< 2017年5月10日 蒲池家を勉強 2017年5月7日 幸若流 発表会 >>