2017年11月11日 やながわ歴史講座 第3回柳川の平地城を巡る 大和編

 今日は、以前より楽しみにしていた歴史講座に参加しました。
 勉強中の蒲地家と田尻家の本城であったり支城であったりという
城に思いを感じながら、柳川の平地城跡(津留城 鷹尾城 中島城)を
8kmの道のりを歩きました。

 集合の大和生涯学習センターには昔の青年とお嬢さんがいっぱいでした。


e0245655_07213466.jpg
集合風景



津留城は鷹尾城主の支城で大和町六合の集落内に位置する。

 1.「軍談」には田尻ノ家臣津留因幡守、 田尻石見守守之、
    同城(鷹尾城)のノ砦タリ

 2.「山門郡誌」大和村西津留に在り、小溝廻れる水田之也。
   只老松一株を残すのみ

 3.矢部川が当時は北側から西、南を津留城を大きく迂回して流れて
   おり津留城は矢部川の左に位置し矢部川に囲まれた要塞の地で
   あった。

 4.中世城館の水堀が現在も残っている


鷹尾城は矢部川右岸の鷹尾神社の東の平地上に位置する。
 1.「軍談」では田尻伯耆守鑑種居城也」とある。元々本拠と
    していた田尻城(飛塚城)が水が乏しかったため
    永禄年間に築城し移ったとある。

    別説1548年に田尻親種が新築したとする説もある。


 2.1582年田尻氏は島津方に与し、龍造寺方の攻撃を受けて
   寵城するも1583年開城となり、田尻氏は当地を去る。


 3.立花統虎の入部に伴い、隣地の中島城と共に、立花織部介が入城
 
    別説 立花統虎の入部に伴い、隣地の中島城と共に、立花(米多比)
       鎮久を置いた。
 4.田中吉政の時代には宮川才兵衞が入城

 5.「鷹尾城絵図」によると鷹尾神社の東側に本丸 つき山北ノ丸寺」が確認できる


中島城は矢部川右岸に面した平地に位置する

 1.「立花統虎知行宛行状」には立花統虎が重臣立花織部介に鷹尾城と中島城の
    勤番を申しつけたとある

   別説  立花統虎の入部に伴い、隣地の中島城と共に、立花(米多比)
       鎮久を置いた

 2.中島城は鷹尾城に付属する柳川城の支城の一つである。




[PR]
# by emiko0708 | 2017-11-12 07:09 | Comments(0)

2017年11月8日 早朝映画

 今日もGYAOの無料映画を早朝よりみました。どうして無料で
みせてくれるのかしら?

  アメリカ映画やっぱりラストいいねえ。
 



ウェディング・イブ 幸せになるためのいくつかの条件 (2010年 アメリカ)

e0245655_06373797.jpg


[PR]
# by emiko0708 | 2017-11-08 06:33 | Comments(0)

2017年11月6日 早朝勉強 NHKヒストリア

 今から2000年前より九州は宗像の地に宗像氏がおりました。

 宗像氏は対馬海流や大陸からの風にも負けない高度な航海術をもち、
大和政権より、海の交易を担い、沖の島の祭祀を司っていました。

 沖の島は玄海灘の海の安全を守る神を祀ってあります。

 年に一度、大島の宗像氏の子孫の猟師により、沖の島の沖津宮の
「たごりひめのかみ」と大島の中津宮の「たぎつひめのかみ」を
御輿にのせて海を渡ります。100艘の船が神を守りながら大船団を
くみ宗像神社へと向かいます。みあれ祭りといいます。


e0245655_06555754.jpg

 

[PR]
# by emiko0708 | 2017-11-06 06:41 | Comments(0)

2017年11月5日 ハイキング山行 鷹取山+山田のヒマワリ

今日は、ハイキング部から鷹取山に登りました。山頂でゆっくり、
して下山、すくそばの山田のヒマワリ畑をみてきました。

コースタイム
 水辺の公園発 9:40
 鷹取山山頂 10:20~11:45
 水辺の公園 12:20

C/L紀美子ちゃん+会長+女性会員7名+OB1名+一般者2名  合計12名


e0245655_16004830.jpg
e0245655_16010089.jpg
e0245655_16011943.jpg

e0245655_16022940.jpg
e0245655_16025093.jpg
e0245655_16044897.jpg
            女性会員8名+OB1名+一般2名+会長
e0245655_16031034.jpg
e0245655_16033189.jpg
                      鷹取山




[PR]
# by emiko0708 | 2017-11-05 23:10 | Comments(0)

2017年11月4日 個人山行  だき山~鬼の目山~鉾岳

 今日は、長崎の山の友人と日之影町にある鹿川キャンプ場に前泊して、
早朝より出発して「だき山」「鬼の目山」「国見山」「鉾岳」を目指します。

 有るような無いような、かすかな踏み後を探りながら、すすみます。
不安定な高度な箇所ではリーダーにシュリンゲをかけてもらい助かりました。
 きびしい気がぬけない登りが続きました。
稜線あたりは紅葉が素晴らしかったです

だき山に着くと、その後はなだらかな尾根歩きとなりますが、
その分尾根からはずれそうになりました。

 国見山の分岐にて、今日は時間の都合でパスすることに決めました。
明るい内に山を出たいからです。

 鬼の目に着くと、今日初めての3名の登山者に会いました。
ここからの下りは急なガラ場から次は沢歩きと気がぬけません。
林道に出ると林道が寸断されていました。木つたいで林道に登り
鉾岳を目指します。鉾岳に登る途中は笹道がありました。

鉾岳の下りも高度があるので、ここも慎重にくだります。
危険箇所にはロープがあり助かりました。

メンバー C/LJimny ミミママ Mママ エミリー

コースタイム
鹿川キャンプ場発(車にて移動) 5:47
今村P車デポ    
林道先の登山口発        6:45
だき山            10:05~10:27   
国見山分岐          11:50
鬼の目山           13:01~13:29 昼食
鉾岳             14:18~14:39
鹿川阿キャンプ場着      16:37


 

e0245655_17465951.jpg

e0245655_17475711.jpg
e0245655_17481936.jpg

e0245655_17484028.jpg
e0245655_17485700.jpg

e0245655_17492113.jpg

e0245655_17524041.jpg
e0245655_17525865.jpg
e0245655_17542026.jpg
e0245655_18001118.jpg
e0245655_18012986.jpg
e0245655_05200316.jpg
e0245655_05170287.jpg
e0245655_05162212.jpg
e0245655_05180783.jpg
e0245655_05183271.jpg


e0245655_05212407.jpg


e0245655_05225589.jpg


e0245655_05233737.jpg


e0245655_05185045.jpg
e0245655_15432290.jpg
                     雄鉾の山頂



e0245655_05275745.jpg


e0245655_05265408.jpg
                   下をみたらこんな感じ


e0245655_05281855.jpg
                     中央が雄鉾




[PR]
# by emiko0708 | 2017-11-05 18:02 | Comments(0)