2017年10月21日 大川市清力美術館アート講座6回目

今日は、大川市清力美術館アート講座の6回目 絵画を読み解く 
後期印象派を勉強しました。
 印象はの代表マネ モネから徐々にアートスタイルを枝分かれして
後期印象派の作家としてセザンヌ ゴーギャン ゴッポの三人をさします。

後に「現代絵画の父」と言われるセザンヌ
 自然の中に、普遍的な構造があり、それを分析することで本質がつかめる
 多目的視点によっての表現(多角的空間から物をみた)

ゴーギャン画家の意図を絵の世界で表現しようとした。(心の中を表現)

ゴッポ 感情を色に表した。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ピカソ  三次元を二次元のピースに分解して、もとの形にゆるーくくみたて
なおすこと(キュリズム)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の名言
清力美術館の弥永隆広館長曰く、「アーティストは人を否定しない
いい言葉を頂きました。



追申
  草野の展示「立木美江日本画展」の会場から戻って来ました。
 いろいろ勉強できてよかった。弥永隆広館長ありがとうございました。
  立木美江さんありがとうございました。

e0245655_06474463.jpg


[PR]
by emiko0708 | 2017-10-22 06:48 | Comments(2)
Commented by mimanon at 2017-10-22 17:13
エミリーさん。
こんにちは(*´∀`)♪

こちらは今、台風で凄い荒れ模様です^^;
そちらはどうですか?

マネ、モネ、セザンヌ、ゴーギャン、ゴッホ、
ピカソ...昔から大好きです。

特に印象派と言われる画家は、
日本で抜群の人気がありますよね。

昔。
観て又資料を読んで勉強した画家達の特徴を、
短い言葉で実にわかりやすくまとめられていて、感激いたしました。
また作品を観たくなりました。

「アーティストは、人を否定しない。」

本当に、いい言葉です。

ありがとうございました(^人^)


Commented by emiko0708 at 2017-10-22 23:22
mimanonさま
こんばんわ、
 美術のこと少しづつですが、勉強できて
嬉しいです。もっともっと知りたいです。

 先生に感謝しながら、勉強しています。
mimanonさんも絵画好きだったんですね。
同じでよかったです。
<< 2017年10月22日 立木美... 2017年10月20日 個人山... >>