2017年6月6日 久留米大学公開講座 日本の民謡

 今日は、久留米大学公開講座 日本の民謡 九州から日本各地へ
という演題で、大川の鐘ヶ江社中の実演を聞きながらの授業でした。
 
 風待ちやシケ待ちのため牛深に寄港した北前船の船乗りたちは、陽気な
「ハイヤ節」を肴に酒宴を開き、その思い出を「牛深三度行きゃ三度裸、
鍋釜売っても酒盛りゃしてこい」と唄い、次の港へと伝えていった。それが、
全国各地40ヶ所以上の地方へ伝わり、その土地土地の民謡にハイヤを
取り入れた事から「牛深ハイヤ節」は全国40ヶ所のハイヤ系民謡の
ルーツと言われている。
[PR]
by emiko0708 | 2017-06-07 15:54 | Comments(0)
<< 2017年6月9日 吉武美津子... 2017年6月2日~5日 屋久... >>