2017年4月3日 田中吉政公ご縁の妙行寺を訪ねて

 今日は、田中吉政公ご縁の寺(大木町上牟田口
紫雲山妙行寺 浄土真宗大谷派をたづねました。

1596年に大川の下牟田口に創建された寺は、1706年にこの
大木町上牟田口に移築され、もう310年ほど経ちます。

 山門の奥の欄間部分には、立花家の家紋 「祇園守」がほってあり
山門をくぐって見返りの欄間部分には、田中家の家紋[左三ツ巴」が
ほってあります。

 大木町の、柳川街道筋には所々御免地をもうけ、勝手次第作り出るようにした。
税金の一部を免除され、優遇された横溝町の人々は遺徳をしのび、
御免地まつりをして、感謝の気持ちを忘れなかったそうです。

 この妙行寺も柳川街道筋に移築されたことは、吉宗公のお考えがあっての
ことと思いました。想像するって、楽しいです

e0245655_649482.jpg

紫雲山妙行寺
e0245655_6491430.jpg

立花家の家紋 「祇園守」
e0245655_6492099.jpg

田中家の家紋[左三ツ巴」
e0245655_6493022.jpg

1706年に植えられたと思われる みごとな黒松
[PR]
by emiko0708 | 2017-04-03 23:40 | Comments(0)
<< 2017年4月9日 日曜日 2017年4月2日  初級岩の... >>